未分類

カニ通販で買ったカニを解凍すると真っ黒に!これは不良品?

冬の味覚であるカニをリーズナブルにカニ通販で購入できると、とても得した気分でどんな風に料理しようかと楽しみになるものです。のんびりとレシピを思い浮かべながら回答していると、カニが黒く変色してしまって慌ててしまい、不良品に当たってしまったのかと不安になることがあります。

実は販売されているカニはボイルして冷凍しているタイプと、生のまま冷凍しているタイプの二種類に分けられます。ボイル冷凍は回答しても黒く変色したりはしませんが、生冷凍の場合はゆっくり解凍していると黒く変色してしまいます。この黒い変色はたんぱく質が酸化して起きる現象です。たんぱく質を構成するアミノ酸の中に、黒い色素になるメラニンの元になるチロシンがカニには含まれているのですが、チロシンがメラニンに変化するときに使われる酵素の働きで黒くなります。この酵素をチロシナーゼと言いますが、酵素は熱に弱いのでボイルタイプは解凍しても黒く変色したりはしません。生で冷凍をしているタイプは変色すると覚えておきましょう。

そのため、生冷凍タイプは酸化防止剤を使って酸化しないようにして黒く変色しないようにしています。もし変色してしまった生冷凍のカニは、酸化防止剤が使われていないか、使われていたとしても少量というように、味を重視している良心的なお店で購入したものだと思ってもいいでしょう。黒く変色していても食べられますし、味そのものは変わりませんが、やはり黒くなっているとそれだけ食欲が減退してしまいます。黒くならないように解凍するのであれば、食べる直前に流水解凍をしてすぐに食べるのがポイントです。解凍時間は1時間以内を目処に行いましょう。記念に写真を撮りたくなってしまうかもしれませんが、悠長にしているとせっかく綺麗に解凍しても黒くなってしまう可能性があります。カニを皆で楽しむために、冷凍の種類や解凍のこつを覚えておくと安心して食べることができます。